敷金や礼金と契約期間について

敷金と礼金とは何なのか

賃貸の部屋を借りるときは、一般的には敷金と礼金を支払う必要があります。敷金というのは、大家さんへ預けておく保証金のようなものであり、家賃を滞納した場合や退去時の部屋の修繕費などに充てられるお金です。しかし特に問題がなければ、退去時に全額返却してもらうことが出来るというお金でもあります。敷金の金額は、家賃の1~3ヵ月分というのが相場です。そして礼金というのは、大家さんに対して、部屋を貸してくれて感謝しますというお礼の気持ちとして渡すお金のことであり、こちらは敷金と違って退去時に返ってくることはありません。礼金の金額については、こちらも家賃の1~3ヵ月分が相場だと言われています。また最近では敷金と礼金がゼロという物件も増えているため、初期費用を減らしたい場合はチェックしてみるとよいでしょう。

契約期間の更新時期などに注意

賃貸では契約期間が設けられており、その期間は住み続けなければならないという取り決めが契約時に行われます。一般的には2年間という契約期間が設けられているケースが多いと言えますが、物件によって期間が変わってくる場合もあると言えるでしょう。そして契約期間が満了した場合については、その時点で解約する場合はそのまま契約終了となりますが、住み続ける場合は契約の更新を行う必要があります。契約の更新に関しては、更新時期の少し前に通知が送られてくる場合が多いと言えるでしょう。しかし更新時期になっても通知等が送られて来ず、自動的に更新されるケースもあるため、事前に契約書を見て確認をしておきましょう。また、契約期間内の途中で解約する場合については、特に違約金の支払いが必要になる場合は少ないと言えますが、中には違約金を設けているケースもあるため注意が必要です。

帯広の賃貸なら価格や間取りなど希望条件の絞込み検索ができて、気になる住宅をまとめて選べるのでおすすめです。